「自撮り動画」を活用 企業理念の理解度重視 ジャパネットHD・中途採用一新

2018.06.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市、高田旭人代表取締役社長兼CEO)は、今月から中途採用のシステムを一新した。1次選考前に実施していた学歴や経歴を確認する書類選考を取りやめ、応募者が自らの想いを語る「自撮り動画」の投稿に切り替えている。採用専用サイトもリニューアルした。

 企業理念を理解・共感している人材を増やしたいとの考えが採用方法の変更につながった。

 入社希望者は、応募理由と最近ワクワクしたことを1分間の動画にまとめて語り、それを同社独自のスマートフォンアプリに投稿する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年6月25日第3166号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ