「意思疎通」を重視 コロナ禍での採用人材像 帝国データ調査

2020.12.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新型コロナウイルス感染症の影響が続くなか、コミュニケーション能力が高い人材を求める企業割合が増加していることが、帝国データバンクが今年10月に実施した「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査」で分かった。

 採用活動でどのような人材を求めているか尋ねたところ、「意欲的である」が43.1%で最も高く、「コミュニケーション能力が高い」も41.0%と4割を超えた。以下、「素直である」25.4%、「真面目、または誠実な人柄である」19.5%などと続く。

 2017年2月の「人材確保に関する企業の意識調査」と比較すると、「意欲的」が5.9ポイント減少する一方、「コミュニケーション能力が高い」は2.4ポイント増加している。

令和2年12月7日第3283号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ