2011年6月配信の労働関連ニュース

2011.06.15 【安全スタッフ】
震災復旧工事の墜落災害防止へ アクセスが緊急決議

 全国仮設安全事業協同組合(略称、アクセス)は5月24日、通常総会終了後に「東日本大震災の復旧・復興工事に伴い急増が予測される二次・三次の墜落災害の防止に関する緊急決議」を発表した。アクセスでは、阪神・淡路大震災のあった平成7年の墜落死亡災害は復旧工事に伴い、前年に比べ8.4%も増加していることから、早急に手を打つことが必要と指摘している……[続きを読む]

2011.06.15 【安全スタッフ】
屋内作業でも熱中症の危険 大阪労働局

 大阪労働局(西岸正人局長)は5月27日、第3回目となる「職場における熱中症予防のための連絡協議会」を開いた。今回の会合から新たに港湾荷役、陸上貨物運送関係の委員を迎え、各分野での予防対策の報告や今後の取組方針を協議した。  同労働局管内では昨年、熱中症による休業災害が33件発生。屋外型の作業だけでなく、製造業など屋内型作業での増加が顕著……[続きを読む]

2011.06.15 【安全スタッフ】
復旧関連の災害休業113人に 厚労省

 厚労省は、東日本大震災の復旧作業に関連した労働災害死傷者数(速報値)をまとめた。青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川の10都県で4月30日までの間に113人が負傷、7人が死亡している。  業種別にみると、建設業が69人で最多で、製造業22人、商業10人と続く。建設業の災害では、墜落・転落によるものが目立っており、……[続きを読む]

2011.06.15 【安全スタッフ】
福島原発の作業で健康確保へ推進室 厚労省

 厚労省は5月20日、「福島第一原発作業員健康管理等対策推進室」を設置した。技術系放射線関係業務経験者など専門室員を含めた約20人を配置し、第一原発で働く人の健康確保について体制整備を図る。  当面の課題として挙げたのは「作業員の被ばく線量管理、臨時の健康診断の実施の徹底」「一定の緊急作業に係る作業届の確認」「被ばく線量などを追跡できるデ……[続きを読む]

2011.06.15 【安全スタッフ】
1195人で11年ぶり増加 猛暑の7、8月に事故が集中 平成22年死亡災害確定値 厚労省

 厚労省は平成22年の死亡災害・重大災害発生状況(確定値)を集計した。昨年の労働災害による死亡者は前年に比べ120人増えた1195人で、11年ぶりに対前年比から増加となった。  業種別にみると、建設業が365人で最も多く、次いで製造業211人、陸上貨物運送業の154人と続いている。特に増加が目立ったのは、陸上貨物運送業の32人、製造業25……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。