震災復旧工事の墜落災害防止へ アクセスが緊急決議

2011.06.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 全国仮設安全事業協同組合(略称、アクセス)は5月24日、通常総会終了後に「東日本大震災の復旧・復興工事に伴い急増が予測される二次・三次の墜落災害の防止に関する緊急決議」を発表した。アクセスでは、阪神・淡路大震災のあった平成7年の墜落死亡災害は復旧工事に伴い、前年に比べ8.4%も増加していることから、早急に手を打つことが必要と指摘している。

 具体的な対策として、①必ず足場(作業床)を設置する、②手すり先行工法による二段手すりと幅木の設置、③仮設安全監理者などによる点検の実施――を掲げ、国に対して制度化を求めた。アクセスでは、震災に伴い仙台市に「対策本部」を設置し機材の供給や安全点検を実施している。

平成23年6月15日第2140号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。