安全ブランドの確立目指す 「魅力ある投資先」をアピール 厚労省

2011.06.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

安全から元気を起こす懇が新戦略 

 厚生労働省の「安全から元気を起こす懇談会(主宰者:小林正夫厚労大臣政務官)」は、安全活動に意欲のある企業が国民や取引先に注目されることで、安全への取組みを活性化させる戦略をまとめた。安全プロジェクトを立ち上げて企業の安全活動を紹介し、企業価値向上を狙うとともに、魅力のある投資先として認知される「安全ブランド」確立を目指す。活動支援の面からは、工業団地などの中小企業へリスクアセスメント研修を実施するほか、表彰制度の充実、安全活動コンクールを開催。さらに危険体感設備を外部開放している企業とサービスを求める企業のマッチングにも取り組んでいく考えだ。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年6月1日第2139号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。