リスクアセス 進んで取組む人材を育成 研修結果まとめ事例集に 中小事業場へグループ研修 厚労省

2012.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、労働者数50人未満の中小規模事業場へのリスクアセスメント普及に本腰を入れる。昨年度から行っている研修を今年度はさらに充実し、事業場内で自ら進んでリスクアセスメントを実施する人材の育成を図るとしている。研修は、各事業場で実施した結果について評価を加えたりグループ討議をするなど実践的な内容。昨年度は中小規模の事業場が多い工業団地などを通じ、既に1500人ほどに研修を行った。今年度はさらに対象業種を広げて研修を実施していく考えだ。受講者が行った中小事業場でのリスクアセスメント結果を事例集としてまとめ、周知を図るとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年4月1日第2159号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。