2011年4月配信の労働関連ニュース

2011.04.15 【安全スタッフ】
【震災関連ニュース】復旧現場にマスク配布 メーカーが無償で提供

 厚生労働省は3月28日、岩手や宮城など6県に使い捨て式の防じんマスク(型式検定合格品)2万枚を配布すると発表した。(社)日本保安用品協会を通じ、呼吸用保護具などを製造・販売する㈱重松製作所、興研㈱、ドレーゲル・セイフティージャパン㈱、山本光学㈱からの無償提供を受けたもの。  厚労省では、各県での被災、復旧状況を踏まえ、4月上旬~下旬をめ……[続きを読む]

2011.04.15 【安全スタッフ】
【震災関連ニュース】作業員3人の被曝で管理体制確立を指導 福島労働局

 福島労働局は3月24日、福島第一原発で東京電力の関連会社作業員3人が高い濃度の放射線にさらされた事故を受け、福島第一原発に対し、安全衛生管理体制を確立してから作業を再開するよう口頭で指導した。  東京電力の発表によると、作業員は3号機タービン建屋1階と地下1階でケーブル敷設作業を実施中に被災。2人の作業員については、放射性物質を含んだ水……[続きを読む]

2011.04.15 【安全スタッフ】
【震災関連ニュース】緊急事態に対応し計画届を迅速処理 厚労省

 厚労省は3月18日、東日本大震災による災害復旧工事で、労働安全衛生法第88条で義務付けられている工事開始前の計画届について届出後、工事を早期に開始するために迅速な処理を行うよう労働基準監督署へ指示した。  安衛法88条では、「高さ31mを超える建築物や工作物の建設」「掘削の高さまたは深さが10m以上である地山の掘削」などは工事開始の14……[続きを読む]

2011.04.15 【安全スタッフ】
【震災関連ニュース】土砂崩壊防止へ異常発見を 事前調査踏まえ計画作成 厚労省

復旧作業時の注意点で通達  厚生労働省は3月18日、東日本大震災により被害を受けた地域での復旧工事の労働災害防止対策徹底を、建設業労働災害防止協会など関係団体へ通達した。依然として余震の発生が懸念されることから、津波による災害など二次災害の防止に留意した安全な施工の徹底を図るとしたうえで、各種工事で災害防止措置を徹底するよう求めたもの。……[続きを読む]

2011.04.15 【安全スタッフ】
連絡会議で安全対策確認 兵庫・相生労基署

 兵庫・相生労働基準監督署(福田恵匡署長)は3月11日、平成21年8月に発生した台風9号による災害復旧・復興工事について、労働災害防止対策徹底を図るための連絡会議を開催した。現場代理人など関係者約40人が参加し、6つの現場をパトロールし、工事の状況に応じた安全対策が適切に講じられているか確認した。  工事では、地元の中小業者が同時に多くの……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。