担当職でも管理職並み処遇 プロ志向型に転換 第一生命が新人事制度

2020.08.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

部下なし部長廃止

 第一生命保険㈱(東京都千代田区、稲垣精二代表取締役社長)は、一般の営業職を除く1万4000人を対象とし、全体の9割をプロフェッショナル職として処遇する新人事制度を導入した。全員がマネジャーをめざす従来の単一グレード制を見直し、直属の部下を持たない「担当部長」の役職を廃止している。給与面では職責に連動するグレード給のウエートを大幅に高め、担当職でも従来のマネジャー並みの水準に到達できる体系を整備した。新たにコンピテンシー評価の基準となる「人財育成ロードマップ」を設け、1on1ミーティングを通じて持続的な育成を進める。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年8月10日第3268号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ