タンク車逸走防止せず送検 東金労基署

2020.04.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 千葉・東金労働基準監督署(髙安俊行署長)は、タンク車の逸走防止措置を講じなかったとして、フジ産業㈱(千葉県東金市)と同社作業管理責任者を、労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで千葉地検八日市場支部に書類送検した。

 ゴルフ場コースメンテナンス業の同社は令和元年10月、大雨でゴルフ場への進入路に溜まっていた土砂などを除去する復旧作業において、タンク車を運転する労働者が離席する際、エンジンを止めるなどの逸走防止措置を講じさせなかった疑い。その結果、別の労働者が動き出した車両の下敷きになって死亡した。

【令和2年3月26日送検】

関連キーワード:
令和2年4月27日第3254号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ