錆止め剤に引火 死亡災害で送検 静岡労基署

2019.06.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 静岡労働基準監督署(土屋洋署長)は溶接作業をしていた労働者が火傷により死亡した労働災害で、㈱ケイズコーポレーション(静岡県静岡市)と同社の職長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで静岡地検に書類送検した。

 同社は船舶の製造・修理などを営んでいる。労災は平成30年10月11日に静岡市内の工場で起きた。工場内では輸送用のタンカーを新造していた。71歳の労働者が溶接作業に従事していたところ、近くにあった錆止め剤の缶が倒れ、アークが引火し、作業着に燃え移った。労働者は救急搬送されたが同年11月30日に火傷により死亡した。

 同労基署は「錆止め剤を近くに置いていたことが原因。溶接後にすぐ塗れるよう、近くに置いていたのだろう」と話している。

【令和元年6月6日送検】

令和元年6月24日第3214号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ