「半休とセット」から テレワーク未導入ならば 東京テレワーク推進センター

2020.03.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 半日の有給休暇取得+半日テレワークから始めるのが効果的――本紙で2016年に連載を執筆していた社会保険労務士法人NSRの武田かおり社労士が東京テレワーク推進センター主催のセミナーで、企業の労務管理担当者に向けてこのようなアドバイスを送っている=写真

 セミナーは、2月18日に開かれたもの。武田社労士は、テレワーク未導入の企業に対して、「1カ月に1回、半日単位でスタートするのが効果的」と訴えた。テレワーク実施日に半休を同時に取得すれば、法改正で義務化された年休の年5日取得の達成にもつながるためとしている。

 また労務管理のポイントとして、「労働者が光熱費などを負担する場合は、労働基準法第89条に基づいて就業規則に明記を」などとも話した。

令和2年3月2日第3247号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ