【ズームアップ】安全管理の優良事例学ぶ 本支店と協力会で情報共有 全国安全シンポジウムを開催/鉄建建設

2020.01.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 鉄建建設では毎年、支店、協力会社が参加する全国安全シンポジウムを開き、現場の安全衛生管理の優良事例を共有している。昨年11月に開かれたシンポジウムでは、「自ら考え、自ら行動」をテーマにした向井建設土木統括部の取組みなど、協力会社から力の入った安全活動が発表された。

「作業環境を踏まえ最良の対策を」

 全国安全シンポジウムは、過去に発生させた鉄道輸送障害事故を反省し、現場の安全管理に関わる良い取組み事例を水平展開し、全支店の安全レベル向上を図る目的で平成19年に始まったもので、平成27年からは鉄建災害防止協力会も参加する催しとなっている。昨年11月に都内で開催された今年度のシンポジウムには、協力会社、支店から230人が集まり、自らが関わる建設現場の安全衛生管理事例を発表した。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年2月1日第2347号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ