【今週の視点】母健連絡カード活用を 的確な対策実施へ

2020.01.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

妊娠中・産後の健康管理

 今年6月の改正女性活躍推進法施行を契機に、企業の取組みが進むことが期待されるが、妊娠中・出産後も女性が安心して働き続けるには、母性健康管理の取組みも欠かせない。企業は、労働者が通勤緩和などの指導を主治医から受けた場合にその内容を企業に的確に伝えられるよう「母性健康管理指導事項連絡カード」を活用してもらいたい。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年1月27日第3242号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ