【今週の視点】法制度の転換期に

2014.01.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

派遣法、安衛法が焦点 通常国会への提出予定法案

 今月スタートする通常国会に提出が検討されている労働関係法案が絞られてきた。労働者派遣法を始め、労働安全衛生法、パート労働法、雇用保険法などの改正案で、それぞれが重要な内容を含んでおり、実務への影響が少なくない。とくに、制度始まって以来の抜本改正となる派遣法、企業単位行政指導をルール化する安衛法の改正に労使の関心が集まっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月13日第2952号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ