【今週の視点】“不本意就労者”の安定導け

2013.10.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

派遣見直し実現で 健全な活気復活に期待

 派遣法の見直し論議が政権の狙いどおりに進めば、世の中の空気が変わるかもしれない。常用代替防止原則が骨抜きになって「正社員が消える」との極論も聞こえるが、不本意にも派遣で働く労働者の雇用安定につながる面を無視できないからだ。時代に翻弄されずに済んだ正社員たちに漂う後ろめたさや、非正社員の諦め感情の軽減を通じ、健全な活気を復活させたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月7日 第2939号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ