【今週の視点】改善待たれる「日々紹介」 日雇派遣に代え注目 中労委命令書

2012.03.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

紹介事業者が賃金支給

 有料職業紹介の利用拡大に警鐘を鳴らす不当労働行為救済命令が中央労働委員会から出された。有料職業紹介業者が、紹介労働者に賃金を支払っていたり、業務を割振りしていたため、「雇用関係が成立していた」とみられ、団交命令が発せられた。労働者派遣法改正案では、30日以内の日雇派遣を禁止し、日々紹介の普及が見込まれるが、業界の自己浄化が不可欠だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年3月19日第2865号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ