【追跡レポ】AGS/健康経営の推進 勤務間インターバルを試行

2016.11.30 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

退・出勤間に11時間確保 手軽な運動機械も提供

デスクワークで疲れた身体をリフレッシュ

 情報処理サービス、ソフトウエア開発などを展開するAGS㈱(埼玉県さいたま市浦和区、石井進代表取締役社長、930人)は、「健康経営宣言」を発令し、勤務間インターバル制度の試行、社食でのヘルシーメニューの提供、健康マイレージ制度導入などに取り組み始めた。勤務間インターバル制度は、退勤から翌朝の出勤まで11時間の間隔確保を義務付けるもの。職場でのラジオ体操や、ウォーキング大会実施など、手軽に取り組める運動の機会も提供。トップダウンで社員の健康づくりを推進し、業績向上につなげたい考え。

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月28日第3090号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ