休息11時間義務付け 勤務間インターバルで AGS

2017.02.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 情報処理サービス、ソフトウエア開発などを展開するAGS㈱(埼玉県さいたま市浦和区、石井進代表取締役社長、930人)は、退勤から翌日の出勤までの間隔を11時間以上空けることを社員に義務付ける「勤務間インターバル制度」を開始した。昨年7月に「健康経営宣言」を制定し、同制度を試験的に導入することで制度化をめざしていた。社員の健康確保やワーク・ライフ・バランスの実現を狙っている。

 同制度の導入で、23時に退社した場合は、翌朝は定時の9時ではなく、10時に出社すれば良いこととなる。帰宅してしっかりと休息できる時間を確保していく。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年2月13日第3100号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ