急な手戻り減らず 険しい道のりが浮彫り 情報労連「働き方改革」調査

2017.12.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

画像はイメージです

 月100時間を超す時間外労働を行っているITエンジニアが約3割いることが、連合傘下の情報労連(喜井広明中央執行委員長)の調査で分かった。人手不足に業界特有の理由が重なり、状況はより深刻といえる。

 ソフトウェア開発企業等の人事担当者を対象に毎年実施し、賃金や一時金などの定例項目にトピックス調査も毎回付加。今回は「働き方改革」について主に労働時間面を掘り下げた。回答企業は352社。

 労使協定で実質的に青天井の時間外労働が可能になる36協定の特別条項の内容は、「月80時間超」が39.6%となり、約4割が過労死認定の基準を超えていた。「年720時間超」も36.2%で、法改正に先んじた取組みが必要としている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月11日第3140号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ