【フォーカス】都築電気/健康経営の推進 啓蒙にワイガヤ会議活用

2019.02.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

支店単位で「宣言」へ 世代や部署越え話し合う

模造紙と付箋を活用して意見を集約

 システムインテグレーターの都築電気㈱(東京都港区、江森勲代表取締役社長、1447人)が、健康経営に取り組んでいる。社員の健康への意識を高めるために行うのが、ワイガヤ会議だ。参加者は、本社や支店内の会議室に集まり、世代や部署の垣根を越えて5~6人のグループを形成。ワークショップの形で、「会社のしがらみは考えない」など6つのルールのもと話し合う。社長などもオブザーバーで加わる。健康経営を定着させるための啓蒙活動として位置付ける。議論の結果は支店ごとに「宣言」にまとめ、必要な事項は次年度予算に計上する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月4日第3199号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ