【フォーカス】サトーHD/健康経営の推進 各社員がシートに年間目標記入

2017.12.06 【労働新聞】

提出で月2千円支給 事務局設けグループ一丸

 サトーホールディングス㈱(東京都目黒区、松山一雄代表取締役社長、連結5012人)は国内のグループ全13社で健康経営を推進中だ。専門の推進事務局を設け、グループ会社の社長や各拠点・部門の長が責任者に。健康増進に向けた動きを社内イントラネットで伝え、全社員で共有を図る。社員は各自が年間の目標を立て、シート「わたしの健康目標」に書き込む。提出者には、月額2000円の手当を支給。運動の習慣化や禁煙には数値目標を掲げ、力を注いでいる。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年12月4日第3139号15面

あわせて読みたい

ページトップ