派遣受け入れは原則認めず 改正労働3法で指針 法の未充足分を埋める ものづくり産別JAM

2012.12.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 300人未満の中小が大半の機械金属系ものづくり産別・JAM(眞中行雄会長)は、先の通常国会で成立した改正労働3法への独自対応指針を策定した。物の製造業務への派遣受入れを原則認めず、希望者全員65歳までの雇用確保を前提とした高齢者にふさわしい職務や仕事、労働時間、働き方に見合った処遇などを求める内容。通算5年超え時点から発生すると規定した有期契約労働者の無期転換権も、3年程度で、しかも原則正社員化を求めるなど、法の未充足分を自らの指針に基づいて埋めていく。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月17日第2901号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ