JAM 平均1万500円要求へ 16春闘方針案固める

2015.12.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

賃金改善原資に6000円

 300人未満の中小が大半を占める機械金属系サプライヤー企業の労働組合でつくるJAM(宮本礼一会長)は、11月17日の中央執行委員会で16春闘の要求案をまとめた。4500円の定期昇給相当分に格差是正、賃金改善分6000円を加えた1万500円を平均要求基準として設定している。6000円部分に統一ベアの考えは採らず、若年層への厚い配分なども認める。可能な場合は、高卒直入者の所定内賃金26万円(30歳)などが基準の個別賃金を要求し、公正取引実現に向けた政策的取組みも行う。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年12月7日第3043号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ