【賃金事例】サトー/60歳まで役割・賃金を維持 65歳定年制のカーブ修正 

2019.11.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

キャリア研修など拡充

 サトーホールディングス㈱(東京都目黒区、小瀧龍太郎社長)は、10年以上前から採用してきた65歳定年制の改善を進め、役職定年や年俸の抑制措置を60歳以降に限定するかたちへ見直している。従来は56歳で一部減額、さらに60歳に達してから段階的に減額する体系としてきたが、今後は原則として60歳まで同じ役割を担ってもらう。一部の人財が50歳代で“引退準備”モードに入りがちだった傾向を改めるのが狙いで、キャリア研修・個別相談会の拡充にも取り組んでいる。早期退職者に対する退職加算金制度を維持しつつ、現職にとどまる以外の選択肢も見据えたシニアの活躍支援策を推進していく。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年11月11日第3232号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ