労働者が違反なら過失相殺 「合図の遵守」などで 改正労災法 厚労省

2012.11.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

派遣先求償徹底へ通達

 厚生労働省はこのほど、今年10月1日に施行した改正労働者災害補償保険法の運用基準を都道府県労働局長に通達した。労働者派遣先事業主の法違反により発生した災害を、第三者行為災害と認定し、速やかな求償を徹底するための考え方を示したもの。派遣労働者が合図の遵守、保護具の適切な使用など労働安全衛生法上の義務を履行していなかった場合については、過失相殺の対象になるとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年11月12日第2896号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ