厚労省・派遣制度研究会 専門26業務の判断明確化へ 登録・製造派遣も課題 前通常国会で問題提起

2012.11.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会(座長・鎌田耕一東洋大学法学部教授)をスタートさせた。前通常国会で問題提起された登録型派遣、製造業務派遣、専門26業務と派遣可能期間の関係、派遣労働者の処遇などについて見直しの方向性を探るのが目的である。とくに現状では、専門26業務に該当するかの判断が分かりにくい制度となっており、速やかに検討・改善に着手すべきとしていた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年11月5日第2895号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ