キャリア管理者選任へ 有期・派遣の改善で 労働局に企業支援相談員 厚労省・25年度

2012.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は平成25年度の新規事業として、有期・短時間・派遣労働者等安定雇用実現プロジェクト(仮称、概算要求額58億円)をスタートさせる。企業内の非正規労働対策責任者としてキャリアアップ管理者(仮称)の選任を促進するほか、事業主が留意・配慮すべき事項を示したガイドラインの作成、正規雇用への転換・処遇改善を一元的に支援する新助成金の創設、事業主支援アドバイザーの配置など各種事業により、公正で安定的な雇用の拡大を図る。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月24日第2890号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ