中核技能者育成 不調企業は6割 JILPT調査

2012.04.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ものづくり企業のうち、中核的技能者の育成が進んでいない企業が6割に――労働政策研究・研修機構(JILPT)のアンケート調査で明らかになった。回答企業は、従業員30人以上規模の製造業2635社。

 中核的技能者の育成が「うまくいっていない」企業は60.2%で、その理由(複数回答)は、「育成を担う従業員の不足」が56.4%に上った。育成が「うまくいっている」企業は、39.8%にとどまった。

平成24年4月23日第2870号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ