休憩・年休ネックに 卸売市場へ自主点検促す 川崎南労基署が集団指導

2012.02.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川・川崎南労働基準監督署(山口智幸署長)は、このほど川崎地方卸売市場南部市場の卸売業者や仲卸業者を対象に一般労働条件に関する自主点検を要請、併せて集団指導を実施した。休憩時間や年次有給休暇の取扱いに問題点が多いことが明らかになっている。

 同市場の場内業者のうち労働者を雇用または今後雇用の予定がある業者が対象で、17事業場が集団指導に参加した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年2月27日第2862号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ