重層下請抑制で労働環境を改善 埼玉県

2016.10.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 埼玉県は、不要な下請次数の抑制に向けた「重層下請改善工事(試行)」を今年10月から開始した。3次以降の下請を使う場合、公契約の受注者に理由書の提出を義務付ける。過度な重層化を防止することで、下請企業で働く労働者の労働環境改善をめざす。

 対象となるのは、10月1日以降に公告する工事費6000万円以上の「土木一式工事」と「とび・土工・コンクリート工事」。3次以下の下請を活用する受注者は、活用理由などを文書で提出しなければならない。

 同県は、「施工責任の不明確化や安全性の低下、下請次数が下位になるほど労働者の賃金が下落するなどの課題解決につなげたい」とした。

関連キーワード:
平成28年10月24日第3085号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ