健康経営拡大めざす 新たに認定制度創設 埼玉県

2018.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 埼玉県は健康経営の取組みを広げるため、新たに優良企業の認定制度を創設した。認定企業は同県がホームページでPRするほか、ロゴマークの利用が可能となり、人材確保・定着のメリットが見込まれる。先進的な取組みをまとめた好事例集も作る予定で、同県の健康長寿課は「将来的には『ホワイト企業』を認定する制度にしたい」としている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月3日第3175号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ