労働相談件数が過去最多に 埼玉県

2016.06.13 【労働新聞】

 埼玉県は、平成27年度に同県へ寄せられた労働相談の件数を公表した。総数は5466件で前年度に比べ18.7%増加しており、統計を取り始めた昭和32年度以降最多となった。

 相談内容では、残業代の未払いなど「賃金」に関する相談が856件と最多で、次いで「職場の人間関係」(714件)、「退職・退職金」(624件)がめだつ。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年6月13日第3068号3面

あわせて読みたい

ページトップ