【追跡レポ】UTホールディングス/退職自社株給付制度(UT‐ESOP) 自社株交換ポイントを付与

2012.04.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

5年在籍で権利発生 利益配分し社員定着図る

拠点別に改善を競い合うFCグランプリで社員を表彰

 人材サービス業大手のUTホールディングス㈱(東京都品川区、若山陽一社長)では昨年10月から、福利厚生制度の一環として「退職自社株給付制度(UT‐ESOP)」を導入した。勤続年数に応じてポイントが付与され、5年間在籍後に、1UTポイント=1株として自社株に交換できる。派遣・請負業界では初の試みだ。退職時以外にも交換時期を選べるのが特徴。自社株を付与することで株主としての意識を醸成するとともに、利益分配により会社の成長を社員にも実感してもらい、長期勤続へのモチベーション・やりがい向上につなげる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成24年4月16日第2869号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ