ツール使用法を指導 育休復帰で情報交換会 四国銀行

2019.07.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱四国銀行(高知県高知市、山元文明頭取)はこのほど、育児休業取得中と育休明け直後の女性を集めた情報交換会を開催した。育休取得者が業務のブランクを感じず、スムーズに復職できるようにする狙い。

 情報交換会は、社内の女性活躍推進委員会が主催した。全行員が業務に関係するスキルを取得できる社内の学習サイトや、渉外・窓口業務に従事する行員が使う営業推進ツールの使い方を紹介している。同社広報は、「休業中に新しく加えたツールもあるので、使い方を教えている」と話し、スムーズな復職に向けた支援策と説明した。

 同時に初めて、男性行員向けの育児参加セミナーも開いている。育児休業取得の呼び掛けや、地元放送局のアナウンサーによる講演が主な内容だった。

令和元年8月5日第3219号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ