【今週の視点】経営層が明確な意思表示を パワハラ撲滅向けて

2019.07.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「背景要因」の一掃が課題

 パワーハラスメント防止対策を含む女性活躍推進法等改正法が公布された。社会的な改善機運が高まる一方で、中小・零細企業では何から手を付けて良いか五里霧中の状況にあるのではないか。就業規則や相談体制の整備が実務的課題となるが、「パワハラの背景に何があるか」という反省を踏まえ、経営トップが決然たる姿勢を示すことが、実効ある対策の前提となる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年7月1日第3215号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ