「ネット炎上」防げ 教育アプリが興味惹く 人事労務関係見本市

2019.06.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国際見本市の企画・運営を手掛けるリード エグジビション ジャパン㈱は5月29~31日にかけて、働き方改革や人事労務、福利厚生に関する大規模な見本市「総務・人事・経理ワールド2019」を東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催した。約800社が出展している=写真

 従業員が不適切な行動を動画に撮ってSNSにアップしたり、社外に機密情報が漏洩してネットが炎上するケースが相次ぐなか、その防止対策に注目が集まった。従業員に“炎上騒動”を疑似体験させて注意を促すスマートフォンアプリを提供する企業のブースに、多くの関心が寄せられている。

 同様の見本市は今後、11月にインテックス大阪(大阪府)、来年2月にポートメッセなごや(愛知県)で開かれる。

令和元年6月10日第3212号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ