『SNS』の労働関連ニュース

2020.07.09 【労働新聞】
【フォーカス】グリフィン/ハラスメント防止対策 SNSの申請承認要求はダメ 78項目で言動確認

ジェンダーなどの規定も  IT業の㈱グリフィン(東京都千代田区、上妻英一代表取締役、195人)は、社内横断型の組織「環境改善委員会」が中心となって、78項目に及ぶチェックリストを活用したハラスメント防止に力を注ぐ。パワハラやセクハラ以外に、SNSへの書き込みやジェンダー(性差)に関連する項目も盛り込む。具体的には、「部下に対して友達申請を……[続きを読む]

2020.04.14 【労働新聞】
外国人雇用企業 6割が特定技能に意欲 活用拡大へ実態調査 広島県

実習生も5割で移行視野  組織横断的なプロジェクトチームを設置して外国人材活用を推進している広島県は、企業や技能実習生らを対象とした大規模実態調査の最終結果を取りまとめた。昨年4月に創設された特定技能に関し、外国人材を雇用している企業の61.1%が「活用したい」と回答している。技能実習生へのアンケートからは、81.4%が実習終了後も日本で……[続きを読む]

2020.02.10 【労働新聞】
電気7団体人材確保策 若者向けサイト設立 SNSを積極活用

インフルエンサー巻込み  電気の保安や工事に関する業界7団体が協議会を立ち上げて、人材確保に関する取組みに力を入れている。昨年末には、学生向けのポータルサイトを開設。整備や保守などで活躍する多様な人材のキャリアを紹介し、高校生などの若者に向けて業界の魅力を発信中だ。インスタグラムなどのSNSを積極的に活用する方針で、日本電気協会は「インフ……[続きを読む]

2019.11.12 【安全スタッフ】
【トピックス】これで解決!シゴトとココロの問題 問題にする前に丁寧に話を聞く

 日々の業務に忙しく、管理的立場にいても、心の健康問題に目を向ける余裕がなくなりがちだ。そこで、弊社では「これで解決! シゴトとココロの問題」という番組をWebサイトで配信し、よりシンプルな語り口で具体的なノウハウを示している。今回のテーマは、「熱心な上司がLINEで部下を管理したら体調不良が続出」。法政大学の廣川進教授(臨床心理士)は、……[続きを読む]

2019.10.23 【労働新聞】
1年超勤務が条件 カムバック制度始める クラレ

 化学メーカー大手の㈱クラレ(東京都千代田区、伊藤正明代表取締役社長)は、1年以上勤務して退職した正社員に対する「カムバック採用制度」を開始した。これまで、育児・介護を理由とした退職に限って復職を認めていた。  「資格を取りたい」「他の事業で働いてみたい」などの理由で退職した比較的若い人材の中には、再度入社を希望する人材がいたという。同社……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ