電気7団体人材確保策 若者向けサイト設立 SNSを積極活用

2020.02.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

インフルエンサー巻込み

 電気の保安や工事に関する業界7団体が協議会を立ち上げて、人材確保に関する取組みに力を入れている。昨年末には、学生向けのポータルサイトを開設。整備や保守などで活躍する多様な人材のキャリアを紹介し、高校生などの若者に向けて業界の魅力を発信中だ。インスタグラムなどのSNSを積極的に活用する方針で、日本電気協会は「インフルエンサーをみつけて拡散の契機にしていきたい」と話す。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和2年2月10日第3244号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ