非正規へ食事提供 繁忙期の人材確保対策 ニトリ子会社

2018.03.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

画像はイメージです

 ニトリの子会社で物流業の㈱ホームロジスティクス(北海道札幌市、松浦学代表取締役社長)は、配送量がピークを迎える3~4月に限り、正社員以外の雇用区分で働く従業員に対し、無料で食事を提供する。時給引上げ以外にも福利厚生施策を充実させることで、労働力確保の実現をめざす。

 全国9カ所の物流センターに、弁当、社員食堂、ファストフードを提供する屋台であるフードトラックの3パターンで用意した食事数は合計14万食。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月19日第3153号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ