働き方改革法・講習 有期雇用者対象に新たな義務が 千葉県公労使会議

2019.02.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 千葉労働局や千葉県経営者協会などが参画する同県の公労使会議は、働き方改革関連法セミナーを習志野商工会議所で開催した。同労働局の室谷留美雇用環境・均等室長が同一労働同一賃金について解説した(写真)。

 2020年4月(中小企業は21年4月)にパート・有期雇用労働法が施行される。これまでフルタイムの有期雇用労働者にパート法の適用はなかったが、施行後は対象となる。室谷室長は「雇入れ時に雇用管理上の措置の内容の説明義務などが新たに課される」と注意を促した。

平成31年2月11日第3196号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ