人手不足解消に向け改革を 建設業対象の講習会 千葉市・千葉労働局

2019.04.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 千葉市と千葉労働局は建設業のための働き方改革関連法セミナーを開催した。セミナーは両者が平成28年に締結した雇用対策協定に基づくもの。人手不足解消には働き方改革が不可欠として、同市が建設業の業界団体と同労働局に働きかけ、実現した。

 同労働局の西川聡子監督課長が改正法のポイントを解説した(写真)。4月から大企業に時間外労働の上限規制が適用開始になったが、建設業は5年間の適用猶予がある。西川課長は「5年で対応できるよう準備してもらいたい」と呼びかけた。

 同市は「今後は他の人手不足業種を対象としたセミナーも開催していきたい」としている。

平成31年4月1日第3203号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ