ICT活用し運輸業に革命 運輸デジタルビジネス協議会発足

2016.08.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 情報通信業のウイングアーク1st㈱(東京都渋谷区、内野弘幸代表取締役社長)を発起人代表とする「運輸デジタルビジネス協議会」がこのほど発足した。事業実施会社に陸運業大手のSGホールディングス㈱などが参画し、大塚製薬㈱やオムロン㈱がサポート企業として加わっている。

 同協議会では、運輸会社とICT企業などが連携し、情報通信技術を活用して生産性の向上や人材育成、交通災害防止などをめざす。トラックにセンサーを取り付けて運行状態を確認し、安全運転に結び付けるなどの実証実験を以前から行っており、設立総会では取組み事例が発表された。

関連キーワード:
平成28年8月29日第3078号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ