年2.5万時間減る 物流効率化で運転業務 マクドナルド

2018.10.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日本マクドナルド㈱など3社は、配送計画の見直しなどによる配送業務の平準化・効率化を図る方針である。ドライバーの運転時間が年間2万5000時間削減できる。

 物流業務の平準化はマクドナルドのほか、同社の配送計画を立案しているHAVIサプライチェーン・ソリューション・ジャパン合同会社と、原材料などの配送を行っているフジパングループの㈱富士エコーが協力して実施する。全国13カ所の「DC」と呼ばれる配送拠点と、2900ある店舗を結ぶ配送計画の改善を図る。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月24日第3178号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ