ホワイト物流運動 荷主が自主行動宣言 労働環境の改善へ 国交省

2019.02.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

運転者不足解消図る

 国土交通省は、トラック運転者確保に向けて今春から展開する「『ホワイト物流』推進運動」について、企業の取組み内容案を明らかにした。物流事業者や荷主企業、利用者である国民など関係者が連携し、物流業における働きやすい労働環境の実現などに取り組むもの。趣旨に賛同する荷主企業は、物流事業者が労働法令を遵守できるよう配慮することなどを内容とする「自主行動宣言」を行う。今年3月下旬をめどに賛同企業の募集を開始し、特設サイトで公表する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月4日第3199号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ