パレット単位で輸送 ホワイト物流へ宣言 キユーピー

2019.05.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 キユーピー㈱(東京都渋谷区、長南収代表取締役社長執行役員)は、国土交通省など3省が提唱する「ホワイト物流」推進運動の実現に向けて、自主行動宣言を発表した。今後、1つのパレット内に異なる商品を混在して載せる配送方法を取りやめて、パレット単位での輸送を推進する。

 トラック運転者不足が深刻化するなか、国民生活や産業活動に必要な物流の安定的な確保と経済成長の実現をめざし、トラック輸送の生産性向上および物流効率化と、女性や高齢の運転者にとっても働きやすい労働環境の実現に取り組む。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月13日第3208号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ