新届出の記載案示す 解体前に石綿有無を調査 厚労省検討会が論点

2019.03.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省の「建築物の解体・改修等における石綿ばく露防止対策等検討会」のワーキンググループはこのほど、事業者が建築物の解体などに当たり石綿の事前調査で把握した内容を、新たに簡易な届出の対象とすることについて記載事項の提案を行った。建材の種類ごとに石綿含有の有無を記入し、含有がある場合は、養生や湿潤化など作業時の措置を選択するという。できるだけ事業者の手続きに関する負担を減らすため、電子申請も視野に入れることを考えている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月1日第2327号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ