石綿事前調査で講習制度 数十万規模の実施体制整備へ 解体工事の石綿ばく露防止 厚労省

2019.09.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、石綿含有建材を使用する建築物の解体・改修工事が今後ピークを迎えることを受け、適切な能力のある事前調査者を着実に育成・確保できるよう、事前調査者の具体的な要件などを明確化して講習制度を整備する方針だ。講習の対象は、解体工事業者4万社にとどまらず、建設業の許可業者、専門工事業者も含めて約70万社を想定。「それらすべてに厳しく講習制度の受講を求めるべき」との考えを示しており、全国的に数十万規模の講習が実施できる体制を整えるという。石綿含有分析を行う者の講習制度では、講習の受講だけではなく、修了試験も義務付ける。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年10月1日第2339号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ