【追跡レポ】大阪屋ショップ/パート活躍推進 役職や技能に応じ時給加算

2016.08.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

勤務態度みる新考課 「フレンド社員」の適正評価へ

肉の切り方などを丁寧に技術指導している

肉の切り方などを丁寧に技術指導している

 スーパーマーケットチェーンの㈱大阪屋ショップ(富山県富山市、平邑秀樹代表取締役社長、2,400人)では、「フレンド社員」と称するパート労働者の活躍推進に力を入れている。2014年に導入した人事制度では、身だしなみや挨拶といった仕事の基本的な姿勢を評価。同時期に、役職や技能を認定する資格制度も運用を開始した。それぞれ1級と2級があり、資格に応じて時給に手当をプラスする。店舗運営の屋台骨を支えるフレンド社員の働きぶりを適正に評価し、さらに活躍の場を広げることが、制度導入の狙いである。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月8日第3076号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ