【追跡レポ】リンガーハット/多様な働き方推進策 パート店長制度がスタート

2015.05.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

勤務地・時間緩やかに 研修で課題解決力育成

 ㈱リンガーハット(本社・東京都品川区、秋本英樹社長、連結従業員数=正社員495人、パート・アルバイト4562人)では、昨年末からパート店長制度を開始した。パートとしての労働時間の自由度と異動のない安心感があるなかで、処遇もアップするのが魅力。働き方の選択肢を拡充することにより、女性の活躍を推進し、拡大する店舗運営の担い手を増やす狙いだ。説明会でじっくり働き方を話し合い、納得したうえでエントリー。基礎研修を受講し、自店舗の課題解決に挑み、厳しいチェックを通過して登用へ。新たなロールモデルづくりをめざす。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年5月4日第3015号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ