【追跡レポ】ティップネス/フィットネス産業の人材活用策 能力・キャリアを“見える化”

2012.03.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ステップ毎に評価認定 成長に必要な学びの道示す

やりがいが高まり接客レベルも向上

 フィットネスクラブを運営する㈱ティップネス(東京都港区、武信幸次社長)では、社員の能力とキャリアを“見える化”するキャリアパス・ナビゲーターシステムを導入した。店舗業務に必要なスキルと知識を洗い出しており、社員が項目ごとに自己評価を行う。キャリアマップとして自分の現在保有能力が一望でき、めざすキャリアに到達するために必要な学習方法などが示される仕組み。上長の判定を経て認定されたスキル・知識はレベルに応じ処遇に反映。社員の評価への納得度が高まり、具体的なキャリアプラン構築や学習意欲向上につながった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年3月26日第2866号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ